合宿免許の寄宿舎について

合宿免許の場合には、ドライビングスクール側で用意した宿泊施設に泊まり込みをしながら、卒業までの期間にわたって、学科教習や技能教習を履修して、最短の日数で卒業を目指すことになります。その際、宿泊施設としては、ドライビングスクールの周辺にあるビジネスホテルや旅館などが使われることもありますが、逆にドライビングスクールが独自に合宿免許専用の寄宿舎を所有していたりすることもあるものです。

こうした合宿免許専用の寄宿舎の場合は、宿泊料はやはりホテルや旅館などよりも、格段に安価であって、受講生にとっては大いに助かるものです。



しかし、いくら宿泊料金が安いからといって、別に設備や待遇が良くないということはまったくありません。

免許合宿についての情報をお探しの方は必見です。

むしろ、寄宿舎の快適性をドライビングスクールのアピールポイントとしているような場合も多いのです。たとえば、合宿免許ではオートマチック車の教習であっても2週間程度は寄宿舎に滞在することになってしまいますが、その間の食事は、この寄宿舎で準備することになります。

そのため、寄宿舎の食堂が種類な豊富なバイキング形式になっていたり、地元の新鮮な食材を使ったおいしい料理が食べられたりといった工夫がされていたりします。



また、合宿免許では1日の教習が終わればあとは自由時間となり、暇を持て余してしまうことも多いものです。

そこで、寄宿舎のなかに漫画が読み放題のコーナーがもうけられていたり、フィットネスルームで汗をかいたりといったことができるようになっている場合もあるのです。

Copyright (C) 2016 合宿免許の寄宿舎について All Rights Reserved.